« Opalesce! 水晶 | トップページ | ニューヨークお宝探しの午後 by (K) »

2008年11月17日 (月)

! viva guadalupe ! 〜 12/12はグアダルーペの日!

Dscf7010sml_5 もともと色々な収集僻があるのですが、このところグアダルーペという聖母に熱を上げています。聖母といっても信仰の話では全くなく(!)、子供の頃集めたPatty & Jimmy、その後のDough BoyやGumbyといったキャラクターのように、メキシコに心を奪われている今の私にとっての絶好の収集アイテムなのです。

Dscf7068sml_5 グアダルーペは黒い髪、褐色の肌をもつ、メキシコ人の心のよりどころとなっているカトリックの聖母。メキシコシティにはグアダルーペの奇跡にまつわる布が祀られる「グアダルーペ寺院」があり、人々の信仰をあつめています。また、メキシコ国内にはおそらくどの街にもグアダルーペを祀る教会があります。12月12日のグアダルーペの日には各地でお祭りも催されます。現地では生活雑貨やお土産物として、グアダルーペ像をはじめ、キーチェーンやアクセサリ、キャンドル、買い物バッグ、ポストカードなど様々なアイテムが売られているのですが、メキシコ人の色彩 感覚やその「いい加減な」製造技術もあいまって、「信仰」という枠を超えた部分においてそれらは全て非常に魅力的。スパンコールやグリッターでキラキラ加工されたものも多く、猛烈に私好み!

Dscf7062sml_2

Dscf7032sml

Dscf7074sml_4

Dscf7057sml_2

Dscf7098sml_2




Dscf6950sml_4

きっかけは十数年前に友人がN.Y.土産にくれた、ダメな作りのキリスト様のキーチェーン。それまで「宗教っぽいアイテム」に全く惹かれたことはなかったのに、いきなりその虜になってしまったのです。手頃な収集アイテム感もあり、その後はキリスト関連アイテムを、日本でも、海外でも、目につく限り買い求めま した。その中に3D加工が施されたグアダルーペのポストカードも混ざっていました。これを手に入れた当時はとりわけグアダルーペに熱い思いをよせていた訳ではなく、彼女が特別な存在になったのは、私の中にメキシコへの興味が芽生えてからのこと。

Dscf7087sml_3

Dscf7093sml_4

Dscf6995sml_2

アメリカにはラティーノ(ラテンアメリカからの移民)、チカーノ(アメリカ生まれのラテン系)がたくさん暮らす街が各地にあります。スペイン語が話され、中南米からの安い品物が売られ、関連のお祭りも催され、様々な事情で犯罪も多い街ではあるけれど、学生としてアメリカで暮らしていたので費やせるお金に限りがあり、生活雑貨を求めてよく赴きました。そんな経験を通じて、ルチャリブレやdia de los muertos(死者の日)、グアダルーペなどメキシコの様々な文化にふれるにいたり、自然とメキシコ関連の品々を集めはじめ、グアダルーペ探しの日々も始まったのです。

Dscf7016sml_2

私のメキシコへの興味は果てることなく、ついにはスペイン語学校に通うという口実でグアナファトという街に6週間滞在するに至りました。dia de los muertosには墓地へ赴き、ルチャリブレを観戦し、市場で奇妙な果実を食し、サソリを退治。祀られている像や絵やその他小物を見に、教会にもよく行きました。そして連日のようにグアダルーペを探して街を徘徊。郊外に出かけた時ももちろんグアダルーペ探し。メキシコは私にとってお買い物天国!夢のような毎日でした。

Dscf7035sml_3今でももちろんその他宗教アイテムも好きなのですが、やっぱり! viva our lady of guadalupe !なのです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173734/48294090

この記事へのトラックバック一覧です: ! viva guadalupe ! 〜 12/12はグアダルーペの日!:

コメント

コメントを書く