« ぷちぷら道 その2. 「高いだけが時計じゃない。」by(K) | トップページ | Opalesce! 水晶 »

2007年11月19日 (月)

ヴィンテージバッグの世界 Vol.3

Bienen Davis velvet bag 1960年代 アメリカ

Bag01

今年の春に手に入れたバッグで、そのときは季節柄出番がなかったのだが、秋本番を迎えた今から冬にかけて活躍しそうな予感がしている。

大きさやコロンとした形状、ベルベットの柄などの外観の美しさもさることながら、購入を決めたポイントは内装だった。ブラックサテンとベージュのサテン、2トーンの配色とサテンの光沢が本当にエレガントで、惚れ惚れしてしまったのだ。bienen davisのロゴも効いているし、お約束のミニがま口も外側が黒で内側がベージュのサテンでできてる!!すばらしいこだわり!もちろん、小さなミラーもついている。こういうところがコレクター心をそそるポイントなのである。もういつまでもナデナデしていたいくらいたまらない。。

ああ、いつの間にかバッグフェチになってしまったなぁ。。。

Bienen Davisは30年代創業の老舗メーカーで、40年代にはセカンドバッグで一世を風靡した。その後50年代にかけてハンドバッグも次々と創り出していく。このバッグはコンディションがとても良く、ベロアのすれや手持ち部分のすれもない。もちろん内側のサテンは艶々で使用された痕跡が見あたらない。こういう掘り出し物との出会いというのは、本当に縁だなーと思う。

Bag03

Bag04 Bag06

ちなみにベルベット素材のバッグというのはヴィンテージには多く見られる。柄が立体的に施されたものから、全体的に無地のものまで幅広い。70年代のバッグにもたくさん取り入れられているし、現代でも多用される素材である。有名どころで言うと、ロベルタだろうか。ベルベットバッグと言えばロベルタというくらい、ブランドを象徴する素材である。古いベルベットはなんとなく手触りや見た目の光沢が違う気がする。どことなくしっとりしていて、経年による柔らかさがとても色っぽい感じなのだ。女性もこんな風に歳月を重ねていければいいのに、、と思う。

普段このバッグを使うとしたら、黒いコートやシンプルなニットのワンピースと合わせたりすると使いやすいと思うけど、たとえばトレンチコートとか大人な感じのスニーカーとバギーデニムと合わせたり、カジュアル目の服装にはずして使うのも素敵な気がする。とにかくヴィンテージバッグは大人の楽しみなのだから、さりげなく普段のコーディネートに取り入れるのが醍醐味なのだ。

60年代というと、私はどうしてもロリポップなイメージを抱いてしまうのだが、このバッグはもっと大人の60年代を感じさせてくれる。サテンの黒い長い手袋と小さな帽子のような髪飾りにシルクサテンのウエストがキュッと細いドレス。赤い口紅をつけて小さな鏡をどんな気分で覗きこんでいたのだろう?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173734/48294088

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンテージバッグの世界 Vol.3:

コメント

コメントを書く